構造が、支える。

構造計画研究所は工学知を備えたパートナーとして、陸上・洋上風力
におけるエンジニアリング面での課題解決に取り組んでいます。

SCROLL
ビル群イメージ図

About KKE私たちについて

「2050年カーボンニュートラル」が持続可能な社会のための目標として掲げられる中、再生可能エネルギーである風力発電への期待は日に日に高まっています。
当社は国内トップクラスの実績を持つリーディングカンパニーとして、風力発電設備の設計・審査に関するお困りごとを徹底的にサポートいたします。

Overviewサービス概要

  • 01陸上風力発電設備の構造設計

    過去10年以上の約150サイトでの設計・審査対応ノウハウを活かして、工事計画届の受理まできめ細やかにサポートいたします。

    陸上風力発電設備のイメージ図
  • 02洋上風力発電所の計画・設計

    洋上風力発電の計画では、風車の大型化・国内での前例の少なさ・波浪や地盤の検討など、陸上よりも難易度が大幅に上がっています。当社は業界に精通した独立系コンサルティング企業として、設計・解析・審査における難所を一貫してサポートいたします。

    陸上風力発電設備のイメージ図
  • 03風力発電関連ソリューション

    建築・土木分野向けに様々な技術を有する当社では、風力発電設備の構造設計以外にも多様なソリューションを提供しております。

    陸上風力発電設備のイメージ図

Solutionsソリューション

01陸上風力発電設備の構造設計をサポートしてほしい

  • 60m超大型風力の基礎構造設計での10年以上にわたる経験

    60m超大型風力の基礎構造設計での10年以上にわたる経験

    • 地盤応答解析や時刻歴応答解析を自社で対応
    • 豊富な経験を活かした事前検討も可能
  • 海外製風力発電機タワーの日本基準での構造照査

    海外製風力発電機タワーの日本基準での構造照査

    • 国内未導入メーカーに対するコンサルティング
    • 日本基準での構造照査と補強提案を実施
  • 技術的難易度の高い審査にも最後まで徹底対応

    技術的難易度の高い審査にも最後まで徹底対応

    • 液状化や地盤の詳細な検討にも対応可能
    • 最新の審査状況や審査での要求事項に精通

02洋上風力発電所の計画・設計をサポートしてほしい

  • 構造・地盤に関する多面的なサポート

    構造・地盤に関する多面的なサポート

    • 事業性評価や公募のための基本検討
    • 洋上実プロジェクトでのNK審査支援(連成解析、地盤の精緻なモデル化等の提案)
  • 海外コンサルタントとの協業

    海外コンサルタントとの協業

    • 欧州での設計と日本基準のすり合わせ
    • 英語、スペイン語、中国語、インドネシア語で対応が可能
  • 洋上特有の荷重条件にも対応

    洋上特有の荷重条件にも対応

    • 地震リスク評価やサイト波の作成
    • 風、波浪、地震の荷重設定~設計まで自社で一貫対応可能

03風力発電関連ソリューション

  • 最適化手法を用いた設計

    最適化手法を用いた設計

    • ハイタワーや複合構造タワー検討
    • 研究開発業務、NEDO事業への参画経験あり
  • 60m超の風況観測鉄塔設計

    60m超の風況観測鉄塔設計

    • 設計ハードルの高い60m超鉄塔設計も対応可能
    • 国内初の洋上風況観測鉄塔の設計審査に携わった経験
  • 維持管理系ソリューション

    維持管理系ソリューション

    • 機械学習による劣化診断や異常検知技術
    • 画像解析による非接触ひずみ計測(DIC)といった最新技術で支援
お気軽にお問い合わせください。

お見積もりのご依頼、Webや対面での打ち合わせのご相談など、まずはお問い合わせフォームよりお願いいたします。

Experiences実績

  • 陸上風力 陸上風力

    陸上風力

    基礎設計 81
    タワー照査 50
  • 洋上風力 洋上風力

    洋上風力

    基本検討(FS) 15
  • 風況解析 風況解析

    風況解析

    実施件数 21
  • 審査対応 審査対応

    審査対応

    プロジェクト数 85
※2021年4月時点

FAQよくある質問

  • Q.陸上風力の基礎設計にかかる工程はどの程度ですか?

    A. 設計に必要な条件が揃ってから、1機種の風車タワーに対し1形式の基礎で、約5~6か月をいただいています。(基数や地盤条件によって前後します。)その後は審査スケジュール等を加味して協議しながら進めることになります。
  • Q.設計に必要な条件はどのようなものがありますか?

    A. 概ね以下のようなものになります。
    (1)対象とする風車及びタワー諸元情報(高さやRNA重量やタワー径厚等)
    (2)建設予定地の地盤情報(地盤調査報告書)
    (3)風、波浪、地震等の外力情報
    詳細はお問い合せいただければと思います。
  • Q.設計に必要な外力は算定可能でしょうか?

    A. 外力については、大きく下記の3項目になりますが、いずれも対応が可能です。
    (1)風荷重評価サイトに作用する風速算定をCFDにより算定します。風速から風車基部での荷重値はタワーメーカーからの提供が一般的です。
    (2)波荷重評価サイト海象条件(潮位、水深等)、(測定実施があれば)観測記録等から、設計に必要な有義波高、周期などを算定します。 また津波についても別途シミュレーション等で検討する事も可能です。
    (3)地震動評価 告示波の作成から、洋上では考慮する必要があるサイトスペシフィック地震動の作成も可能です。
  • Q.地盤調査項目として何が必要になりますか?

    A. 地盤調査としては、標準貫入試験やコーン貫入試験、PS検層、供試体の各種室内試験が必要です。設計として用いるものは、地盤の層構成、層厚、密度、N値、S波速度、P波速度、粘着力や摩擦係数等が必要になります。液状化については、地下水位が高く砂質土層で占められた軟弱地盤、海岸に近い位置などで発生する可能性が高く、その場合には、追加で液状化試験を実施する必要があります。
  • Q.液状化が懸念される場合には、どのように設計へ反映するのでしょうか?

    A. まず地盤調査会社にて液状化の可能性の有無を判定していただく事が前提になります。その上で液状化の程度に応じてβ低減や、より詳細な手法である有効応力解析による検討を行い、設計に反映します。
  • Q.陸上風車、洋上風車の場合の基礎形式はどのように決定するのでしょうか?

    A. 基礎形式はお客様でまずは選定いただくことになりますが、ご相談いただくことも可能です。陸上風車の場合、地盤が表層付近まで良好である場合には直接基礎を、軟弱である場合には杭基礎形式を選定することが一般的です。
    洋上風車の場合、水深が浅い範囲では、重力式やモノパイル基礎を、水深が深い範囲ではジャケット形式が多くなります。ただし、陸上と同様に、支持する地盤やタワーの組み合せで一概に決められないことも多いため、設計者としての意見をお伝えしつつ、協議の上最終決定していきます。
  • Q.「風力発電設備支持物構造設計指針」や「洋上風力発電設備に関する技術基準の統一的解説」に記載の設計方法以外に、最良と思われる方法や検証等をお願いすることは可能でしょうか?

    A. 建築分野では超高層等の多種多様の建築構造物の設計、エネルギー分野では火力、水力、原子力等の地盤、構造物を含めた解析実績が多数ございます。風車関連であれば、洋上観測鉄塔の評価や、重量を最小に抑える部材の最適化検討等、一般的な基礎設計以外も携わっております。
    何らかの形でお手伝いは出来るかと思いますので、ご遠慮無くご相談ください。