「ソフトウェア開発」 一覧

Dynamic Improve Analysis System(DIAS)を用いた制振構造の効率的な検討

1. はじめに 制振構造のダンパーの設計について、目標性能(最大層間変形角、エネルギー吸収量、付加減衰など)を満足させるダンパー基数、種類、容量については構造設計者がいつも悩む事項です。近年のコンピュ ...

インストール不要!RC円形断面のMN相関を求めるWebアプリ

背景 現在、社会的な事情により在宅勤務をされている方も多くいらっしゃると思います。在宅勤務の場合は、普段使っているアプリケーションが自由に使えなかったり不便を感じる場面もあるのではないでしょうか。 一 ...

科学技術計算向けプログラミング言語「Julia」を使った構造解析(2) 複素固有値解析を実装してみる

前回の記事 その1の記事では、科学技術計算向けスクリプト言語Juliaを用いて固有値解析を行いました。 https://kaiseki-kke.jp/blog/julia-eigen-1/ 今回は減衰 ...

AMD(アクティブ・マス・ダンパー)による制御を実装してみた

AMDとは 建築構造におけるAMD(アクティブ・マス・ダンパー)とは、建物に応答制御用のマス(質量)を配置して、この動きを機械制御によりコントロールすることで建物自体の応答を低減させようとするものです ...

科学技術計算向けプログラミング言語「Julia」を使った構造解析(1) 固有値解析を実装してみる

Juliaとは? プログラミング言語「Julia」とは、主に科学技術計算のために開発された比較的新しいプログラミング言語です。公式ホームページから抜粋すると、以下のような特徴を持ちます。 Juliaは ...

Copyright Ⓒ 2019 KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. All Rights Reserved.